5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ウルトラゾーン】ヒロト日記【食うか食われるか】

1 :名無しより愛をこめて:2006/12/31(日) 01:31:44 ID:/u7X7f6o0
ウルトラマンメビウス「日々の未来」でメビウスと一瞬の邂逅を果たし、
ウルトラゾーンに消えたバン・ヒロト。
懐中時計だけを残し、煙のように消えうせた彼はどうなってしまったのだろうか?

メビウス本スレ→養成所スレで滑った話題だが、その先を語るスレ。


2 :名無しより愛をこめて:2006/12/31(日) 01:32:45 ID:/u7X7f6o0
養成所スレよりさらに移転。
:ヒロト日記:2006/12/25(月) 23:16:04 ID:S6dg3Zj80
本スレより移転:

X月△日
 ウルトラゾーンを漂流中、偶然に小惑星に漂着した。 薄いが大気がある。酸素切れの心配はないようだが、食料切れが心配だ。
X月○日
 怪獣に襲われたが、偶然電撃に弱い事を発見。電撃でこんがり焼けた怪獣は、どうやら食べられるようだ。保存食にするため燻製を作る。
×月×日
 小型の怪獣を拾った。親は凶暴だが、子供は人懐こい。とりあえず「みんち」と名前をつけてやり、逃げないように首輪をつけて繋いだ。この際貴重な非常食だ。
×月■日
 眠っている間に、みんちに少しかじられていた。僕なんか食べたらおなかを壊すぞときつく教えてやったが、判ったかどうか不安だ。
×月●日
 ムルチらしい怪獣の群れと、みんちの仲間たちが戦っている所を発見。この星には、怪獣墓場から降って来て住みついた怪獣が一杯居るらしい。どさくさでムルチを一匹手に入れた。ムルチの燻製で当分食いつなげそうだ。非常食には手をつけずに置こう。
×月□日
 目が覚めたら、小さい女の子がみんちの首輪をつけて寝ていた。
 「君、誰!?」
 「みんち」
 この怪獣には、人間に擬態する能力があるらしい。
 当分、非常食には手がつけられそうもない・・・・

出演:バン・ヒロト   2代目ミラクルマン。どんな環境でも天然な神経で適応するらしい。
   ムルチ      焼くと美味い(魚の味)。燻製でも美味いかも知れない。
   レッサーボガール 爬虫類っぽい外見から、鳥肉味と推定してみる。
   みんち      レッサー非常食。人間体は推定年齢2−3歳。子犬チック。

3 :ヒロト日記:2007/01/06(土) 22:36:31 ID:YVN89CD60
ウルトラゾーンに消えたバン・ヒロト。
しかし、ミラクルマンはそう簡単には死滅しない・・・。

×月△日
 お客さんが来た。大分変な格好だが、とりあえず挨拶してみよう。
 「いらっしゃい」
 「フォフォフォフォフォ」ハサミを振り回して、盛んに何か言いたげだが、さっぱり分からない。
 「フォフォッ!?フォーッ!!」
 「こらっ、みんち!お客さんを食べちゃだめだろ」
 「がじがじ♪」よほど気に入ったのか、ハサミに食いついて放さない。
 「フォフォフォーッ!!!フォーーッ!!」
 あとでムルチをあげるからと言ってようやく話をつけた。お客さんのハサミにはばっちりみんちの牙の跡がついている。後で「噛み付きます、猛怪獣注意」の札を出しておこう。
 「フォブッフォブッ!!フォフォフォッ!!!」こころなしかお客さんの黄色い目が涙目になっている。
 「ごめんなさいっ、もう噛みつきませんから堪忍してください」
 「かんにん♪」
 みんちも一応謝っているが、どうもお客さんのハサミを見る目が怪しい。お客さんも何となく腰?が引けているようだ。
 それにしても言葉が通じない。地球語は出来ないようだし、宇宙語で試してみるか。
 「キレテ、コシ、キレキレテ」(僕、君、トモダチ)
 「フォ?」分からないらしい。どうしたものだろうか。
 「ふぉっふぉっふぉっ♪」
 「フォブ!!フォフォフォフォフォ!!」
 「みんち!?分かるの?」
 「(こくこく)きみのうちゅーごはわかりにくい、って」
 「・・・・・・・・・・・・・・・orz」

出演:バン・ヒロト   2代目ミラクルマン。
   ムルチ      焼くと美味い(魚の味)。
   みんち      レッサー非常食。怪獣や人間の真似が得意。
   お客さん     宇宙セ○人間かも知れないあの星の人。

4 :名無しより愛をこめて:2007/01/08(月) 00:19:31 ID:mzRNwvs10


5 :名無しより愛をこめて:2007/01/08(月) 18:42:06 ID:yEEx61nD0
×月■日
今日、またお客さんが来た
なんと日本人の老人で、岬大介さんと言うらしい
長らく日本の人と話していないようで多少日本語に不自由していたが、ちゃんと日本語も話している
岬さんは昔、物体Xと言う危険な物質を宇宙に追放するために身を挺したそうで
今の地球の話をしたら、涙を流して大変喜んでくれた
「そうか・・・俺の守った地球は、そんなに進歩して平和に発展しているのか・・・」
それから、SAFの皆はどうなったか?って聞いてきたけど、僕は防衛軍には詳しくないので、知りませんと答えておいた
と言う事は岬さんもウルトラマンと一緒に戦った事があるのか
岬さんにその事を聞いたら、ウルトラマンなんて知らないと言ってきた
うーん・・・ウルトラマンが来る前の地球から来たのかな?
詳しくはわからないけど、岬さんに会えて本当に良かった

そういえばミンチがさっきからいつもより過度に脅えている
「ファイヤーマン・・・」
消防士がどうかしたのだろうか
岬さんを見ながらそんな言葉をぶつぶつ繰り返している
・・・もしかして岬さんは消防士だったのかな?

6 :名無しより愛をこめて:2007/01/09(火) 17:06:03 ID:vZ48byHr0
出演
バン・ヒロト  新生ミラクルマン
みんち     レッサー非常食、炎の巨人にトラウマがあるっぽい
岬 大介    ファイヤーマン、消防士じゃない方の

7 :名無しより愛をこめて:2007/01/09(火) 22:12:33 ID:tgifFCg30
みんちは萌えキャラ?

8 :名無しより愛をこめて:2007/01/10(水) 01:41:03 ID:H0PLSGTu0
>>7

 こんな感じか?(コピー改造)

 ______.  ,.. --──-- .._  _.. -──‐-、
   i':::: :::>'  --------  `<::: :::::/
.   ! :::: :::/  M i n c h     `、::: ::::/ <-みんち耳 都合の悪いことは聞こえない
   丶:: ::/  ---------,._   丶::: :::/
    `、: :::/     ,.r '"´  ```ヽ、  `、::::/
      丶::: /    /:,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ.  V
      V  ,.,..'::'::/⊥V lノ ,⊥ヽ:l::!,::ヽ. `、 <-みんちアイ 超人の正体を見抜く
       ,' /,'::/;ィ'{l;;:::i}   {l;;::i} リリ !:l/ /
      .{ {  l:::i'_{ ,,ー‐'  .  ー' ノ‐'_.l:|/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        `ヾニl:::ト->‐─--.._,.-‐  ̄`\l:l   < ふぉふぉふぉふぉふぉ♪
       ___  !::l/::::::::::::::::::::|:::::::::::::::_,.-iリ      \_____________
.     ,'´::::`i ヽiT ‐、_, -‐-.!、_,.-‐'´   }
.      ! ::::::: {  `ゝ_   _     _  _/ <-みんちハンド 掴んだ食べ物は離さない
     `、::::::::`、   ,.' ̄       ̄ ヽ、
      `、 :::::::ヽ/    -‐_"./    \
         ゝ.::/             _       ヽ、_
         ,r'"    _.. ‐、, '´)_,..( `i'´ヽ、_.-‐' <-みんち足 逃げ足が速い
         `ー---∠._:::::::`ー'::::::::::`":;;;..-‐'

みんち:
レッサー非常食。推定年齢2才?
ウルトラゾーン原産。
レッサーぼがーる一族らしいが、そもそもぼがーるに親兄弟とか同族とかいう感覚が
あるかどうかは怪しい。
一応ヒロトになついている(餌付けされたからか?)。

9 :名無しより愛をこめて:2007/01/10(水) 09:11:57 ID:7oGkk8s40
ちょw

10 :名無しより愛をこめて:2007/01/10(水) 23:09:38 ID:H0PLSGTu0
>>5

c「みんち、なんでそんなに消防の人が怖いんだい?」
「(うんうん)せつめーこーなー♪」

♪〜♪〜♪〜♪〜(ちゃーららーららー らーらーらーらーらー)
いまからちょーどよんじゅーねんまえ、おちゃのまはおーごんきをむかえていた。おとーさんがいえにからーてれびをもたらしたころ、ひとびとにえがおとゆーきをさずけるため、つぶらやのくにからかれらはやってきた♪

うるとらきょーだい ぶーすか ちゃめごん まきさん あんど えすあーるあい まいてぃーじゃっく
れっどまん みらーまん とりぷるふぁいたー てんふぉー・てんてん ふぁいやーまん じゃんぼーぐえーす
ぼーんふりー あいぜんぼーぐ たーいむせんし・こせいだーさんじょう!!
うちゅーのゆーしゃ・すたーうるふ ぷろれすのほし・あすてかいざー あんどろめろす ぐりっどまん

そして、つぶらやかいちょーは、いまひとりのわかきゆーしゃをちきゅーにおくった♪
かれのなは〜〜〜〜
〜♪〜♪〜♪〜

身振り手振りにミュージックまでつけて熱演している。思わず拍手したくなるくらいだ。
「・・・で?」
「ふぁいやーまんはみらーまんでじゃんぼーぐえーすのうーたーきょーだい」
「全然わからないよ!!」
みんちは、うーんうーんと悩んでいる。
要するに、超能力のようなもの(電波?)で知った何かを説明したいようなのだが・・。幼児の説明と同じで、思いついたことを立て続けにとりとめなく喋るので、意味が掴めない日本語になってしまうらしい。

岬さんは黙ってにこにこしている(確かに、微笑ましい光景ではある)。
この人には、確かにどこか謎めいたところがあるようだ。話していて、とても頼もしげではあるのだが・・・。


11 :名無しより愛をこめて:2007/01/11(木) 19:59:24 ID:t7oppyiX0
>ファイヤーマンはミラーマンでジャンボーグAの歌兄弟
そうだったのか・・・

12 :名無しより愛をこめて:2007/01/11(木) 21:53:53 ID:vbh0LJSW0
なんともう一人?お客さんが来た。なんか外見が派手で顔が三つある。
口喧嘩の最中のようだ。
「お前らのせいこんな所にきてしまったジャジャ〜オレのブーメランもぶっこわれるしどうするジャジャ!」
「ボクチンのせいじゃないでシュラあいつにとどめをさせなかったお前が悪いシュラ」
「ワシの力ならあんな奴倒せたでイン」
「だまれジャジャ!!」
なんのことだか意味がわからない。

13 :名無しより愛をこめて:2007/01/11(木) 22:07:42 ID:6aP478lf0
岬さんが舌打ちして立ち上がり、みんちはどっかに逃げようとしている
「バン君、ちょっと下がっていなさい・・・、どうやら物騒な連中が来た見たいだからな」
逃げようとするみんちを取り押さえる僕に、岬さんは険しい顔でそう言うと、アランダスの外に出て行く
「ジャジャ〜?なんだお前は?」
「今忙しいシュラ」
「痛い目にあいたいのかイン?」
脅してくる3っつの頭の人
かなりインパクトがあって、正直僕は怖いと思った
しかし、岬さんはあわてず騒がずみっつの顔の人をにらむ
ふとみるとみんちが横で、ヒーローが別の番組にゲスト出演する瞬間を期待する子供の目で岬さんを見ている
じっと見つめあう岬さんと三つ顔
そして!
「・・・気がそれちまったジャジャ」
「こんな小さい爺ぶちのめしても何にもならんシュ」
「流石にそういう事するのは気が引けるイン」
3つの顔の人が大人しく身を引いた
・・・みんちが横で物凄い残念そうにへたれこんでいる
「ふぁいやーまんみたかったのに・・・」
みんち、消防士さんは怪獣には勝てないんだよ

14 :名無しより愛をこめて:2007/01/13(土) 02:20:22 ID:V9bw056z0

戻ってきた岬さんに、僕はいささか興奮気味に、凄かったですと言った。
「なあに。ああいう輩は、力だけはあるが、本当は勇気などないものさ。・・・君なら分かるだろう。
 誰かのために自分を犠牲にする勇気を持つ、君になら」
岬さんの目は笑っていたけど、僕は背筋にかすかな寒けを覚えた。
僕は、自分のことをまだほとんど話していない。でも、岬さんは、もしかして何もかも・・・・
「あなたは、もしかして・・・」
「ふぁいやーまん〜♪」
♪♪♪
ちきゅーが ちきゅーが だいぴんち〜 ちきゅーを ちきゅーを まもるのだ〜
♪♪♪
みんちがまた、歌いながら踊りだした。
この歌はどこの歌なのだろう。聞いたこともない節だが、考えてみると地球の歌をみんちが知っているのは妙な話だ。誰かが、岬さんのように前にここに来て教えたのだろうか?
「(ふりふり)ちきゅーからでんぱくる♪」
電波?・・・みんち、その若さで妙なものを受信しているなんて、幾ら怪獣でも問題があるんじゃ・・・。

ひとしきり歓談した後、岬さんは「また来るよ」と言い残して、いずこへともなく去っていった。
地球人には久しぶりらしいが、この星に流れ着いた怪獣や宇宙人の友達が結構居て、色々やる事があるらしい。
あの人が消防士さんなら、この星でもさぞたくさんの火事を鎮火した事だろう。

次のお客さんはどんな人だろうか・・・。

15 :名無しより愛をこめて:2007/01/13(土) 09:38:34 ID:QAj6e55z0
関連スレ?
死んだか行方不明な特撮ヒーローを称えるスレ
http://tv9.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1164440016/

16 :名無しより愛をこめて:2007/01/13(土) 20:41:11 ID:cgLZgjjh0
?月▽日
新しいお客さんが来た。戦闘機に乗って現れたのでびっくりした。
名前はマドカ・ツバサさんと言うらしい。どうやら日本人のようだ。

17 :名無しより愛をこめて:2007/01/16(火) 09:20:39 ID:Kh1uY4tA0
ヒロトは特撮ヒーローじゃ・・・

18 :名無しより愛をこめて:2007/01/17(水) 01:48:54 ID:RCXsqizq0
>>17

♪♪〜〜〜
はじめはだーれも ひーろーじゃなーい♪
ちがうかたーちの ただちっぽーけーなほしなーんだ〜
♪♪〜〜〜
今日もみんちは歌ったり踊ったりだ。
食べて歌って踊って、全然働かない(笑)。
子供・・いや子怪獣は気楽だね。いいけど(笑)。
「お、ご機嫌だね、みんち。何の歌?」
「うるとらま〜ん めーびうーす♪」

「・・・メビウス?」
「あすのひーろーをつくる とくさついたのてーきょーでおおくりします♪」
・・・分からない。みんち・・・一体どこの電波を受信してるんだい?

19 :名無しより愛をこめて:2007/01/19(金) 02:21:04 ID:mS4JfyYd0
名付け親が忘れてやるなよw

20 :名無しより愛をこめて:2007/01/22(月) 23:00:54 ID:DzdRwlDi0
>>19

ヒロトがウルトラゾーンに消えた時、まだメビウスは「名も知れないただのウルトラマン」だたーよ。
まさか自分の独り言がウルトラマンの名前になるたあ、お釈迦様でもご存知あるまい(笑)。

・・・うっかりすると、
消える直前
ヒロト:「∞・・・無限大(ムゲンダイ)?」

その後
ミライ:「僕、ウルトラマン ムゲンダイってコードネームが良いと思うんですけど」
リュウ:「なんだそりゃ!?」
ジョージ:「却下だ、アミーゴ。難しすぎだ」
マリナ:「右に同じ」
テッペイ:「∞・・英語で、インフィニティーですね」
コノミ:「ちょっと長すぎる感じがしますねー」
リュウ:「よし、ウルトラマン ダジャック」(惰弱:弱いから)
ジョージ:「それはあんまりだろう。ウルトラマン・・・ジロウとか」(タロウも居ることだし)
結局決まらず。
ミライ:「orz」

21 :名無しより愛をこめて:2007/01/26(金) 17:08:29 ID:yLnaV/Qz0
なんとなくミンチを高い高いしてみる
ミンチ「ギャ」
思ったより重い
ミンチ「わー、もっともっと〜」
せかすのでしばらく高い高いを連発する
ミンチ「きゃ♪きゃ♪」

22 :名無しより愛をこめて:2007/01/28(日) 20:45:00 ID:0odHvzxk0

「にゃははは♪」
体をよじ登ってくる。爪を出すな爪を。猫か君は。
「わんっ!!♪」
・・・・・・・・・・・・・・・全身犬になってどうする。
「みんちは変身うまいね」
「てれびみておぼえたー♪」
・・・テレビ?
「らっしー♪らっしーらっしーすてきなやつさー♪
 さあいこうらすかーる♪
 ぱとらっし、ぼくはもーだめだー♪」(ばたっ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・文化汚染進みすぎじゃないのか。
それはともかく、ここにテレビがあるのか?
しかも映る奴。

23 :名無しより愛をこめて:2007/01/29(月) 00:29:37 ID:2poFtQuC0
ヒロト、幸せそうじゃないかw

羨ましいぜ。

24 :名無しより愛をこめて:2007/01/30(火) 22:12:54 ID:zJWqr7XJ0
そういえばここに来てから混乱する事ばかりでまだ脱出の手段とか全然考えてなかった
ミ「そんなさきのことまだいいじゃん」
・・・・・・・・・それもそうだね
さーて今日は何をしようかな〜

25 :名無しより愛をこめて:2007/01/31(水) 03:32:07 ID:RisSWgiC0
駄目だろw

26 :名無しより愛をこめて:2007/01/31(水) 08:39:17 ID:cEtphLYp0
>>25


だ〜めだめだめ だめにんげん〜♪
だめにんげんだもの〜♪


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・みんち」
「いえっさー♪」
君、悪気があるんだかないんだかわかんないよ。
しかも例によって振り付けありで、フルコーラスやってくれた。ダメージ100%だ。
・・・・いや、負うた子に教えられ、だな。
「取り合えず、お掃除から行ってみようか」
「あいあいさー♪」
おそーじおそーじたのしいなー♪と、歌いながら手伝ってくれる。
これはこれで、なかなか楽しい。(みんちは意外ときれい好きだ。そういえば、外敵が嗅ぎ付けないように、巣穴を清潔に保つ獣は結構居ると聞くが。)

「きれいになりましたー♪」
「うん、ありがとう」
お茶を僕とみんちに一杯ずつ淹れて、落ち着いたところでPCを起動した。

 《 日 記 》
これは、後で入れよう。

 《 脱 出 計 画 》
ほとんど白紙のファイルに、少しだけ追加した。

・・・この日、僕らは(気を取り直して)新たな一歩を踏み出した。

27 :名無しより愛をこめて:2007/02/02(金) 21:47:36 ID:LhHI5x0L0
遅すぎる一歩だなw

28 :名無しより愛をこめて:2007/02/03(土) 13:19:42 ID:+vaGlHlH0
(参考)ウルとラマンシリ〜ズ 格闘シ〜ン挿入曲
http://1000yenkigan.fc2web.com/ultraman_sr_kakutou.mp3

29 :名無しより愛をこめて:2007/02/05(月) 18:09:10 ID:2lfRfJky0
■月×日
今後のために、アランダスの外をよく調べてみる事にした
みんち「ピクニック〜♪」
みんち、ピクニックじゃなくて調査だよ
みんち「りょーかい♪」
お弁当と水筒とビニールシートもって、と
さあ、出発だ

甘かった・・・最近まで全然平和だったからここが弱肉強食の世界だって忘れてた
僕達は今怪獣に襲われて谷間に隠れている
はっきり言って大ピンチだ
ちなみにみんちは状況が理解できてないのか必死に弁当を食べている
「みんち、今僕らは弁当食ってる場合じゃないくらい危険な状況なんだよ」
と、おもむろに服のポケットに手を突っ込むみんち

きけんがせまればよべばいい〜、ぐりーんこーるでよべばいい〜♪
                ♪
なにやらスイッチのような物を取り出すみんち
「みんち?コレは何?」
「ぐりーんこーる、かいしゃちがうけどこのさいしょーがない」
「??」
っと、怪獣がとうとう僕らに気がついた
なんだかよくわからないがとりあえずこれはもう押すしかない
ポチッとな

30 :名無しより愛をこめて:2007/02/05(月) 21:25:43 ID:+6LPd/rO0
>>29

き・・来た!!本当に来た!!!

ぐりーんまん ぢゃいあんとましーん ちぇーんぢ!!!


な、何だこの人・・・
訳分からないけど強いぞ!!
「がんばれ ぼくらのぐりーんまん♪」(むしゃむしゃ、ぱくぱく)
みんち・・・食べるか応援するか、どっちかにしたらどうなんだい?


31 :名無しより愛をこめて:2007/02/06(火) 22:24:03 ID:9fByOhea0
(参考)ウルとラマンシリ〜ズ 格闘シ〜ン挿入曲
http://1000yenkigan.fc2web.com/ultraman_sr_kakutou.mp3

(参考)ウルとラマンシリ〜ズ 格闘シ〜ン挿入曲(その2)
http://1000yenkigan.fc2web.com/ultraman_sr_kakutou2.mp3

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)